今年で見納めスポットもある「お台場観光2022」(モデルコース)

お台場観光2022

感染症対策をした観光タクシーで、お台場の観光スポットを巡るショートトリップ。2022年8月で閉館が決定しているパレットタウンの大観覧車、チームラボボーダレスは今年が見納めです。またお台場周辺はは東京2020では「東京ベイゾーン」と呼ばれ競技会場として数々の施設が使われました。マラソンスイミングやトライアスロンの会場となったお台場海浜公園、ビーチバレーの会場となった潮風公園は今も入場可能です。またバレーボールの会場となった「有明アリーナ」体操関連の会場となった「有明体操競技場」競泳などで使用した「東京アクアティクスセンター」現在は各施設ともにリニューアルのための整備が進んでいます。(※各施設への入場は困難ですが離れた場所からの見学は可能です)今年の夏は近くて遠い観光地「お台場」へ観光タクシーで楽しみませんか?その他にも観光タクシーなら、お客さまが行ってみたかった観光スポットや気になっていたお店など、コースに寄り道を加えることもできます(時間延長対応可能です)。コロナ対策がされているkmタクシーを使って、安全・快適に東京の旅を楽しんでください!

「お台場観光2022」(モデルコース)
  • 東京駅
  • お台場レインボーブリッジ
  • お台場海浜公園
  • 自由の女神
  • ダイバーシティ東京 プラザ(実物大ユニコーンガンダム)
  • 潮風公園(ビーチバレー会場)
  • パレットタウン(大観覧車・チームラボボーダレス)
  • 有明テニスの森(テニス会場)
  • 有明体操競技場(体操競技会場)
  • 有明アリーナ(バレーボール)
  • 豊洲市場
  • 晴海フラッグ(旧選手村)
  • 東京駅
  • 所要時間:5時間(東京駅から乗車した場合)
  • タグ:東京の名所
  • 料金:5時間コース タクシー 25,100円(税込) ※時間延長の場合は30分毎に 2,470円かかります。
  • 注意事項①:観光タクシー利用時間に体験型施設の見学時間は含まれます。
  • 注意事項②:各種施設の入場料は別途発生します。高速料金、駐車料金は含みません。
  • 注意事項③:出発地(乗車地)によっては所要時間が異なることがあります。東京23区内からご乗車いただけます。
  • 注意事項④:各種施設の営業時間等は事前にご確認ください。

 

お台場レインボーブリッジ

湾岸エリアのシンボルであるレインボーブリッジ。ゆりかもめや路線バス、自家用車等で渡れますが、徒歩で渡ることもできます。レインボーブリッジ遊歩道は距離1.7キロメートル、徒歩20~30分ほどで渡ることが可能です。通行料は無料です。歩いてみると、普段乗り物からではゆっくり眺めることのできない景色をじっくり眺めることができるので、今までとはまた違った東京の景色を発見することができますよ!

お台場レインボーブリッジ遊歩道 詳しい情報 外部リンク☞ Wikipedia

お台場ビーチ・お台場海浜公園

台場公園(第3台場)の側に広がる静かな入り江を囲んで砂浜や磯があります。東京2020ではマラソンスイミング、トライアスロンの会場として使用しました。公園内には自由の女神像やレストランなども並びます。

こちらは、フランス・パリにある自由の女神像が期間限定で日本に貸し出されたことに由来します。その後、本体の自由の女神像はフランスへ戻されてしまいました。多くの人が訪れ人気を博したことから、駐在フランス大使館の協力を受けて、正式認可のレプリカを作ることになったんです。フランスから贈られたニューヨークの女神像。アメリカから贈られたパリの女神像。そして、フランスの協力のもと、お台場に女神像が設置されました。アメリカの女神像のイメージからすると、少しコンパクトなサイズ感ですが…それでも17mあるんですよ。近くで見ると、大迫力。詳しい情報 外部サイト☞公式サイト

フジテレビ本社ビル

一般公開している展望台(有料)からは東京湾が見渡せます。またフジテレビグッズが揃うショップなどがならぶエンタメ施設。

写真は球体展望台「はちたま」の内部。高さ約100mから270度パノラマが楽しめる。お台場随一の展望スポット。見学時間など詳しい情報 外部リンク☞公式サイト

ダイバーシティ東京 プラザ

実物大ユニコーンガンダム立像、海外ブランド、国内外の人気カジュアルブランドや個性的・独創的なブランドが一堂に集結しています。また様々な体験が出来る大型エンターテインメント施設や、東京の名店が集まるフードコート、 五感で楽しめるレストランフロアなど、多様性と話題性に富んだ商業施設です。詳しい情報 外部リンク☞公式サイト

潮風公園

お台場海浜公園と隣接した場所に位置。臨海副都心で最大級の大きさを持つ。ウォーターフロントの象徴であるレインボーブリッジを背景に、東京湾の美しい景色を眺めることが出来る。東京2020ではビーチバレーの競技会場が仮設で整備されました。詳しい情報 外部サイト☞公式サイト

ちょっと足を延ばすと潮風公園と隣接する2020年9月にオープンした東京国際クルーズターミナルも見学が可能です。

見学時間など詳しい情報 外部リンク☞東京国際クルーズターミナル公式サイト

パレットタウン大観覧車

2022年8月末で閉館が決まっているパレットタウン大観覧車は日本最大級の高さ115mの観覧車。東京湾をはじめ東京の観光名所が見渡せます。天気の良い時は富士山まで鑑賞が可能です。営業時間など詳しい情報はこちら 外部リンク☞ 公式サイト

チームラボボーダレス

2022年8月31日に閉館が決まっている森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス。米国の国際的なニュース雑誌、TIME誌の「世界で最も素晴らしい場所 2019年度版(World’s Greatest Places 2019)」に選出されたほか、第25回ティア・アワード(Thea Awards)にて、「優秀功績賞(Thea Awards for Outstanding Achievement)」を受賞するなど、国内外において権威ある賞を多数受賞してきました。予約・営業時間の確認はこちら 外部リンク☞公式サイト

有明テニスの森

日本テニス界の聖地とも呼ばれている、センターコート「有明コロシアム」のほか、ショーコート、インドアコート、屋外コートを備えた国内有数のテニス競技施設です1983年の開設以来、国際大会から一般利用まで、テニスの拠点施設として多くの方々に親しまれています。詳しい情報 外部リンク☞公式サイト

有明体操競技場

2020年東京ではオリンピックの体操(体操、新体操、トランポリン)パラリンピックではボッチャが行われた有明体操競技場。選手村やメディアセンターからも近いウォーターフロントエリアに、約12,000人の客席数を有する体操専門競技場が仮設で整備されました。現在は展示場への改修工事が進められています。「環境の時代の「木の器」を世界に発信」 2021年に国内の優秀な建築作品を表彰する日本建設業連合会第62回BCS賞を受賞しています。詳しい情報 外部リンク☞公式サイト

有明アリーナ

オリンピックではバレーボール、パラリンピックでは車いすバスケットボールの会場となった有明アリーナ。現在は、国際大会を含むスポーツ大会や各種イベントなどに利用できる新たなスポーツ・文化の拠点となる施設として改修工事を行っています。詳しい情報 外部リンク☞公式サイト

豊洲市場

豊洲市場の場内飲食店は39店舗。青果棟5街区1階 3店舗、水産仲卸売場棟6街区3階 22店舗、管理棟7街区3階 13店舗あります。寿司、天ぷらなど和食をはじめ、イタリアン、中華、喫茶など多彩な飲食店があり、市場直結の新鮮な食材をご提供しています。場内飲食店は、早朝より午後2時ころまでの営業となります。午後2時以降は、ほとんど閉店しています。(市場見学時間は午前5時から午後5時までですが、見学時間内でも店舗は閉店しています。)営業時間の確認はこちら 外部リンク☞公式サイト

選手村(晴海フラッグ)

東京オリンピック・パラリンピックの選手村跡地は都市開発プロジェクト「晴海フラッグ」として再開発をしています。マンション計23棟と商業施設1棟が造られ、全体の戸数は6532戸にもなります。人口は約1万2千人になると想定されていて、エリア全体を住宅地として開発する大規模計画です。詳しい情報 外部リンク☞公式サイト


周辺施設の案内

足を延ばすと東京2020の施設が他にもたくさんあります。

東京アクアティクスセンター

オリンピックでは、水泳(競泳、飛び込み、アーティスティックスイミング)、パラリンピックでは水泳の会場となり、両大会時には、約15,000席の観客席が設置されました。現在は2023年の開業を目指して改修工事を行っています。

東京アクアティクスセンター 東京都江東区辰巳2丁目2−1 詳しい情報 外部リンク☞公式サイト

東京辰巳国際水泳場

「水泳の聖地」と呼ばれた東京辰巳国際水泳場は、東京2020では水球の会場として使用された。オリンピック・パラリンピック終了後は通年で氷上競技を実施できるアイスアリーナに転換する『東京辰巳アイスアリーナ』(仮称)として施設転換工事を2023年度より開始し、2025年度内の竣工・開業を目指している。

東京辰巳国際水泳場 東京都江東区辰巳2丁目8−10 詳しい情報 外部リンク☞公式サイト

夢の島アーチェリー場

東京2020大会時にはアーチェリー(オリンピック/パラリンピック)の予選会場として使用されました。東京2020大会後は、アーチェリーの大会や体験教室や芝生広場として一般開放しています。

夢の島アーチェリー場 東京都江東区夢の島2丁目1-1 詳しい情報 外部リンク☞公式サイト

海の森公園

2020年東京オリンピックでは、総合馬術とカヌースプリント・ボート競技の会場として使われました。現在は整備中で見学はできませんが、車窓から見ることは可能です。今後は国際大会が開催できるボート・カヌーの競技場、水上スポーツ体験、水上レジャーの機会の提供、イベントの実施など多様なスポーツに親しめる場となり東京都区部で最も広い公園となる予定です。

海の森公園  東京都江東区海の森3丁目3 詳しい情報 外部リンク☞公式サイト

 

車両について

新着記事

タクシーを利用した観光地巡り

利用料金が高いと思われがちなタクシー移動も観光タクシーなら定額料金で利用が可能です。
少人数でも大人数でも、観光アドバイザーも兼ねるドライバーがストレスのない観光地移動をご案内します。

料金について 利用方法について
観光タクシーのお問い合わせ